ツムツム

ツムツム【自動コイン稼ぎ】FRepで最大限に稼ぐ方法:ハートを自動送信(2/3)

前回の続きです。
前回を参照している場合もあるので、
前の記事を読んでから実施することをおすすめします!




「ハート送信」自動化

ここからは、本題の「ハート送信」の自動化をすすめていきます。

ハート送信がメインを表すフローチャート
フローチャート

ハート送信は、いつものようにハートを
ぽちぽちさせる作業をさせるのですが、
そのときの行動をよ~く思い出してください。

まずは、"まだ送っていないひとは誰かな"と、未送信のハートを探しますよね。

そのつぎにハートを送り、確認されるからOKを押して
「プレゼントしましたうんぬん」のポップアップをタップして閉じて、
いま表示されているひとに送り終えたらスクロールして
またハートを探して・・・という流れですね?

これを箇条書きにしてみると、こんな感じです。

  1. 未送信のハートを探してタップする
  2. 確認に答えるために「OK」をタップする
  3. 「プレゼントしましたうんぬん」をタップして閉じる
  4. 1~3を繰り返す
  5. 未送信のハートがなくなったらスクロールする
  6. 1~4を繰り返す

では、この操作に必要なスクリーンショットをとってきましょう!

必要なスクリーンショット
必要なスクリーンショット

上イメージのように3枚とれたらOKです。

枠組み作成

「ランキングリセット」のとき同様、枠組み作成をしていきます。
今回も前回と同じ要領ですが、おさらいしていきましょう。
どこにもチェックを入れていない状態で、下イメージの赤枠をタップします。

リストタップ
リストタップ

「追加する項目を選択」から「ループ/区間」をタップします。

「ループ/区間」選択
「ループ/区間」選択

下イメージのように通し番号14と15の項目が追加されました。

通し番号14の「区間開始」をタップし、
プルダウンメニューの一番上に表示された「設定」をタップします。

14.区間開始タップ
14.区間開始タップ

「制御設定」を変更していきます。
ラベルを「Send♡Up」にしましょう。
さいごに「適用」をタップして設定完了です。

「Send♡Up」の制御設定
「Send♡Up」の制御設定

枠組みが完成したので本体を作成していきましょう。

未送信のハートを探してタップする

今作成した「Send♡Up」の中にプログラムを作成していきます。

いつものように通し番号14と15の間に「画像認識」を入れて、
ハートが写っているスクリーンショットを選択しましょう。

認識する範囲は以下イメージを参考に指定してみてください。

今回は指定範囲が小さすぎて見えづらかったので、
赤枠で補足してあります。

指定できたら「適用」しましょう。

「♡」の認識範囲指定
「♡」の認識範囲指定

制御設定はいつもどおりですが、「判定(目安)」が2秒になっています。
これは「ハート受取」のときの「確認」をタップするときの理由と同じです。


「判定(目安)」の秒数を[3.0秒]程度にしておきましょう。
 デフォルトの10秒だと、ハートを受け取り終わったあとに無駄に検索している時間ができてしまうので、3秒にします。ハートがあるときは3秒もあれば十分に検索ができます。


https://pok430.com/frep-getheart-automatic/#i-10

また、「ラベル」は「♡」としました。

「♡」の制御設定
「♡」の制御設定

続いて「検索範囲」ですが、
これもハートが存在する範囲すべてを選択してください。

「認識範囲」と"幅"は同じでも問題ありませんが、
縦の長さはランキングの枠ぎりぎりまで伸ばすよう注意指定ください。

指定できたら「適用」しましょう。

「♡」の検索範囲指定
「♡」の検索範囲指定

最後に、テストを行うのを忘れないようにしましょう。

ハートの認識は結構手こずる場合があるので、
設定に使用したスクリーンショットだけでなく、
ハートの位置が少しずれたものなど、
ほかのスクリーンショットでもテストをすることを強くおすすめします。




確認に答えるために「OK」をタップする

「OK」は「ハート受取」のときとほぼ同様なので、
「制御設定」のみの紹介とします。

もはや、「ハート受取」からコピーして貼っちゃても
いいのではないかと思いますが、
範囲や設定がずれていたりするかもしれないので一応やっておきますね。

「ラベル」は「OK」です。

「OK」の制御設定
「OK」の制御設定

こちらも、最後のテストをお忘れなく。

「プレゼントしましたうんぬん」をタップして閉じる

「ハートをプレゼントしました!」も「ハート受取」のときと同様です。
コピーでも構わないと思いますが、こちらも一応新規作成しています。

「ラベル」は「プレゼントシマシタ」です。全角カタカナだと収まらないの半角にしています。

「プレゼントシマシタ」の制御設定
「プレゼントシマシタ」の制御設定

テストをお忘れなく!




未送信のハートがなくなったらスクロールする

4番目を飛ばして一度5番目のスクロールを作成します。

いまは「自分より上の人にハートを送信」なので、
下方向にスクロールさせましょう。

※作業と説明が前後していて通し番号が合わない方がいるかと思いますが、
ラベルをみて合っているか確認しながら作業していただけると幸いです。

スクロール追加は、「追加する項目を選択」から「タッチ操作」を選択します。

「タッチ操作」選択
「タッチ操作」選択

「タッチの基準画像を選択」が表示されたら
一番上の「現在のリストから選択」をタップします。

画像は、「ハートを探してタップ」のときに使用した
スクリーンショットを選択しましょう。

「現在のリストから選択」
「現在のリストから選択」

「タッチする位置を指定」で右上の「タップ」を
「スワイプ」へ変更しましょう。

そして、週間ランキングの中で上から下にスワイプしてください。
下イメージでいうと「緑の○」から「青い○」がスワイプ範囲です。

このとき意識するのは、今写っている131位の人を表示させないで、
130位の人を一番下に表示させることです。

スワイプ設定する前に、ツムツムを開いてスワイプして
みてこれくらいかなと検証してみてからやってみるのもありですね。

だいたいの設定ができたら、「適用」しましょう。

スワイプ範囲指定
スワイプ範囲指定

微調整やラベル変更を行いたいので、
今作成した「タッチ操作」をタップして「設定」を選択します。

「タッチ操作」をタップして「設定」選択
「タッチ操作」をタップして「設定」選択

「ラベル」は「SwipeUp」としておきましょう。
※違うラベルを希望の方は、このあと「SwipeDown」もつくるので、上に行くかどうかわかるようなラベルにしてください。

下イメージの一番上の赤枠内の設定で、スワイプの長さが決まりますが、(○,×)としたとき、○の値は上の段も下の段も同じだと微調整しやすいと思います。

指定できたら「適用」しましょう。

「SwipeUp」の制御設定
「SwipeUp」の制御設定

では、実際にツムツムを開いてここまでの流れを再生してみてください。
スワイプがいい感じになりましたでしょうか。

だいたいの方はなっていないと思います。
なので、「制御設定」を開いて微調整していきましょう。

ちなみに、私は"XperiaCompact(SO-02J)"を使用していますが、(536,639)→(536,943)にしています。




1~3を繰り返す

「画面上に表示されている相手全員にハートを送る」ということで、
画面上に最大4人分のハートが表示されますね。

なので、ハートを送る作業を4回繰り返させます。

※作業と説明が前後していて通し番号が合わない方がいるかと思いますが、
ラベルをみて合っているか確認しながら作業していただけると幸いです。

通し番号15~17にチェックを入れて、右上のリストをタップします。

通し番号15~17にチェックしてリストタップ
通し番号15~17にチェックしてリストタップ

「追加する項目を選択」から「ループ/区間」をタップします。

「ループ/区間」選択
「ループ/区間」選択

下イメージのように通し番号15の「区間開始」をタップして
「設定」を選択します。

「区間開始」をタップして「設定」を選択
「区間開始」をタップして「設定」を選択

「制御設定」画面が表示されるので、
下イメージを参考に上から設定していきましょう。

  • 「繰り返し」は4回にします。(4人分のハートを送るため)
  • 「区間」を「ループ」にします。(ここをさきにやらないとだめかもしれません。)
  • 「ラベル」は「Loop Send」にします。

設定が完了したら「適用」しましょう。

「Loop Send」の制御設定
「Loop Send」の制御設定

つぎに、通し番号16の「♡」の制御設定を開きます。

「失敗(時間切れ)」のとき、通し番号20の
「SwipeUp」へ行くように変更します。

これをすることで、無駄な作業がなくなります。

例えば(ランキングには4人分の表示があるけど、)
ハートを送れるひとが3人だけだった場合に
(最後の4人目はハートが見つからなかったから)通し番号17、18の作業を
飛ばして通し番号20の作業でスクロールをするという流れになります。

逆にこの設定をしていないと、
プログラムがうまく回らずに中断することになるので、要注意です。

「♡」の制御設定
「♡」の制御設定

1~4を繰り返す

ハートを4回送ってスクロール」はここまでで、できています。
このかぎかっこの部分を繰り返し実行させましょう。

通し番号14の「Send♡Up」をタップして「設定」をタップします。

「Send♡Up」からの「設定」
「Send♡Up」からの「設定」

「Send♡Up」の制御設定をしていきます。
「区間」を「ループ」に変更して「繰り返し」のところに20回と書きましょう。

この「20回」は適当ですが、自分のランキングがわかる方は下記計算結果以上を入力しましょう。

「自分のランキング」÷4+1

"4"という数字は、一度に表示されるランキングの人数ですね。
"+1"は、割り切れなかったときに全員分送れないことになるので+1にしています。
例えば自分のランキングが111位だとしたら以下のようになりますね。

111÷4+1=28 (小数点以下切り捨て)

「28」となったので、28回以上繰り返させるようにしましょう。

「Send♡Up」の制御設定
「Send♡Up」の制御設定

最後に「適用」を忘れないようにしてください。




おまじない

さいごに恒例のおまじないをしましょう!

通し番号16「♡」の上に待機を追加します。

通し番号16にチェックを入れて右上のリストをタップし、
「待機」を選択します。

♡にチェックしてリストをタップ
♡にチェックしてリストをタップ

待機を「1」秒に変更して「適用」しましょう。

「待機」の制御設定
「待機」の制御設定

以上で「Send♡Up」の作成は終了です。
下イメージを参考に 「Send♡Up」 の流れ、設定を確認してください。

「Send♡Up」の確認
「Send♡Up」の確認


次の記事へつづく




「ツムツム【自動コイン稼ぎ】FRepで最大限に稼ぐ方法:ハートを自動送信(2/3)」への4件のコメント

  1. Adachi

    ハートを送信する動作のところで設定を変えてもテストで一つしかハートが認識されないです。検索範囲と画像の編集はほぼ説明と同じところを選択しています。改善策があれば教えてくださいm(_ _)m

    返信する
    1. yayakabo430 投稿者

      Adachiさん
      こんにちは!
      閲覧、ありがとうございます!

      ハート認識がひとつしか認識されないということで、
      検索範囲がひとつ分しか設定されていないのかなと思いましたが、
      Adachiさんがコメントに書いているように、
      検索範囲に問題はないようですね!

      認識されているひとつのハートは、認識範囲を設定したハートでしょうか。
      でしたら、もしかしたら、FRepがなんか変になっていて
      検索範囲を変えているのに、反映されていない可能性があります。
      私も何度か検索範囲は正しいのにテストをすると反映されていないことがありました。

      そのときは、テスト失敗する”♡”の画像認識だけ消して、
      “♡”の画像認識を作り直しました!

      原因はよくわからなかったのですが、これで直ったので
      やってみてください!

      またなにかあったら些細なことでもいいので
      コメントください!

      AdachiさんのFRepがうまく動作しますように・・・!
      よいツムツムライフを♪

      返信する

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です